健康を維持する4つの習慣

健康を維持し、なるべくお医者さんのお世話にならずに生きていくために必要な4つのこと。

1つ目は、あまり穀物を食べ過ぎないということです。
糖質を取りすぎると、インスリンが過剰に分泌されてしまいます。
食生活が、人間の健康状態を左右するといっても、過言ではありません。

2つ目は、運動をするということです。肥満気味の方や、性欲が出ない、気分がすぐれないという方に、運動しているかを聞くと、決まってしていないという方が多く見受けられます。人は、ある程度、自発的にできない場合は、プログラムの中に入ってみるのも良いかもしれません。例えば、健康教室や、スポーツジムなど、高齢者であれば、デイサービスでも体を動かすことは行っております。

3つ目は、ストレスをためないということです。人は職場や、電車の中などあらゆるところで人と接しています。様々な感情が、交感神経と副交感神経のバランスを崩して、病気を引き起こす原因となります。ストレスを抱えたまま生活をしていくと、あらゆる自律神経が機能低下を引き起こし、消化機能まで低下させてしまいます。これからの時代で、大切になっていくことは、考えすぎず、いやなことを忘れることも大切です。会社勤めの方は、休日の過ごし方を工夫して、リフレッシュして毎週を迎えられるようにしましょう。それが健康の秘訣だと思い、趣味に没頭して、その趣味から得たものを、仕事にとってプラスになるようにしていきましょう。

そして4つめは、習慣です。良い習慣がある人は、健康体に近づくし、悪い習慣がある人は、病気になります。当然、食事、運動、感情コントロールが、習慣としてちゃんと行われている人は、良い習慣として健康に近づきますし、例えばまったく運動しない人は、悪い習慣が身についているので病気になりやすいです。
そして良い習慣をちゃんと継続することが大切となっていきます。
これらの4つのことを意識して、生活に取り入れていきましょう